自分のレースを走れ

自分のレースを走れ-RUN YOUR OWN RACE

自分のレースを走れ

 

ヘブル12:1-2 ESVからの直訳

このように、多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているからこそ、私たちも、全ての重荷とくっついてくる罪をふり捨て、私たちの前に置かれているレースを忍耐をもって走り抜く。(2)信仰の創始者であり、完成者であるイエスを見て。イエスは、自分の前に置かれた喜びのゆえに、恥をものともせず十字架にかかり、神の右の座についているのだ。

自分の前にあるレースは?

 

ルカ 12:15-21 ALIVE訳

「気をつけろ!自己中心的な欲望から自分を護れ!!持ち物を増やしても、心の足しにはならない。(16)ある金持ちが、良い作物のとれる肥えた畑を持っていた。(17)“こりゃ困った!稼ぎ過ぎて、収穫物が倉庫に納まらん!”(18)あれこれ考えたあげくに彼は言った “そうだ!倉庫を取り壊して、新しい大きな倉庫を建てればいい!そうすりゃあ俺の財産は納められる。(19)もう心配いらん!一生食っていけるだけ蓄えたんだ。食って、飲んで、ゆったり生きよう♪” (20)しかし、彼を見て、神はこう言った。“この愚かもんが!!!誰がおまえに明日を約束した?今夜他界するおまえの財産は一体誰のものになる”(21)これが自分のためだけに財産を築きあげる人の末路だ。人の目には豊でも、神の目には貧しい。天国に来たら一文無しだからだ」

 

何が邪魔してる?

 

ルカ 13:23-29 ALIVE訳

その道中だった。「師匠!救われる人って何人いるんだ?やっぱりごくわずかなのか?」(24)「天国の門は狭い。入場できるよう、神経を研ぎ澄ましとけ!誰もが入りたがるが、入れずに終わるからだ・・・!!!(25)主人が戸を閉めてからでは遅い。外に立って戸を叩いても開けてはくれない。“すみません!開けて下さい!”と叫ぶと、“どこのどちら様ですか?”と返ってきた。(26)“ご、ご冗談を!!同じ釜の飯を食った仲じゃないですか!ほら、うちの町で色々教えてくれたのを覚えてないのですかッ!!” (27)そしてこう返ってくる。はて?誰だ。過ちを犯したヤツが来る場所じゃあない・・・聞こえたなら、とっとと失せろ!(28)神の王国では、アブラハム、イサク、ヤコブから全ての預言者にまで会える。選択次第では、外に取り残され、泣きわめいて歯ぎしりすることになる。(29)東西南北から人が集まり、神の王国の食卓に着く・・・!

 

イエスを見る

 

ルカ 14:26 ALIVE訳

「俺の元に来たが、家族離れできない者はいるかッ?!父、母、妻、子、兄弟、姉妹、また、己(おのれ)を嫌っているとさえ思われるほど、この俺を愛さなければ・・・」――「俺についてくる資格はないッ!!!」

 

ルカ 17:5-6 ALIVE訳

とある日―― 「俺たちの信仰を強くしてくれ!!!」熱い眼差しでイエスに詰めよる十二使徒。(6)「おまえたちがからし種ほどでも信じるなら、あの大木を根こそぎ海の中へ放り込むぐらい朝飯前だ・・・!!!」