ビジョンで満ち溢れる!~3000人が救われた(る)日~

ビジョンで満ち溢れる OVERFLOWING WITH VISION

ビジョンで満ち溢れる!~3000人が救われた(る)日~

 

イエスがペテロに与えたビジョン

 

マタイ 4:18-20 JCB

ある日、イエスがガリラヤ湖の岸辺を歩いておられると、シモン〔別名ペテロ〕とアンデレの二人の兄弟が舟に乗り、網で漁をしているのに出会いました。彼らは漁師でした。 (19) イエスが、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう」と声をおかけになると、 (20) 二人はすぐに網を捨て、イエスについて行きました。

ビジョンに向けて生きるペテロ

 

{{信仰の小ささを指摘されるペテロ}}

 

マタイ 14:31 ALIVE

叫ぶペテロを掴むと、「なぜ疑った?まだ信頼できないのか?」

 

{{神の計画を否定するペテロ}}

 

マタイ 16:22 ALIVE

——ちょっと、ちょっとイエス・・・道中、岩のペテロがイエスを連れてグループから少し離れた。

「ダメだよイエス・・・神がそんな苦しみから救ってくれるさ!師匠、そんなことは起きやしないって!」

 

{{イエスを知らないと言うペテロ}}

 

マタイの福音書 26:69-75 JCB

一方、ペテロは中庭に座っていましたが、一人の女中がやって来て、「あら、あなたイエスといっしょにいた人じゃないの。二人ともガリラヤの人でしょう」と話しかけました。 (70)ところがペテロは、「人違いだ。変な言いがかりはよしてくれ」と大声で否定しました。 (71)まずいことになったと、ペテロが急いで出口のほうへ行きかけると、また別の女中に見つかりました。女中は回りの人たちに、「この人もナザレから来たイエスという人といっしょだったわ」と言いました。 (72)ペテロはあわててそれを打ち消し、その上、「断じて、そんな男は知らない」と誓いました。 (73)ところが、しばらくすると、近くにいた人たちが彼のところへ来て、口々に言い始めました。「いや、おまえは確かにあの男の弟子の一人だ。隠してもむだだ。そのガリラヤなまりが何よりの証拠だ。」 (74)たじたじとなったペテロは、「そんな男のことなど、絶対に知らない。これがうそなら、どんな罰が下ってもかまわない」と言いだしました。するとすぐに、鶏の鳴く声が聞こえました。 (75)その瞬間、ペテロは、はっとわれに返りました。「鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うでしょう」と言われたイエスのことばを思い出したからです。ペテロは外へ駆け出して行くと、胸も張り裂けんばかりに激しく泣きました。

 

{{多くの人を救いに導くペテロ}}

 

使徒 2:41 JCB

この日、ペテロの言うことを信じた人はバプテスマを受けましたが、その数は全部で三千人ほどでした。

 

あなたがビジョンに向けて生きるためにすべきこと

 

マタイ28:18−20 ALIVE

そして使徒たちの元へ来たイエスは――「俺の手に天地すべての権限がゆだねられた!!!(19) だから行け!全世界のあるゆる人を俺の弟子とし、父と子と神の霊の名によって洗礼を授け、 (20) おまえたちに命じたいっさいのことに従うよう指導しろ!!!忘れるな、俺は世の終わりまでおまえたちと共にいるのだ!!!」

 

1.今手の中にあるものを追求していこう!あなたのパッション(情熱のあるもの)は何?

2.それをどのように神様のために使っていくことができるか考えてみよう!

3.ステップバイステップ、でも確実に前進していこう!